九州満喫きっぷで、熊本の居酒屋へ行きたい

JR九州で、『旅名人の九州満喫きっぷ』というのを発売されてます。

3回分で10,500円。一日じゅう九州内の普通電車が載り放題で、1回当たり3,500円です。使い方は青春18きっぷに準じます。値段だけ比較すると、青春18きっぷが5回分で11,500円なので、1回当たり2,300円。だから少し高めなんですが、九州満喫きっぷのメリットは、まず年間通して買える。しかも、有効期限は3ヶ月間。そして、JRだけでなく、九州内を走るすべての私鉄にも乗れてしまうんです。これは大きい。

平成筑豊鉄道、北九州モノレール、筑豊電気鉄道、福岡市地下鉄、西日本鉄道、甘木鉄道、松浦鉄道、長崎電気軌道、島原鉄道、熊本電気鉄道、熊本市電、南阿蘇鉄道、くま川鉄道、肥薩おれんじ鉄道、鹿児島市電。これだけの電車も乗れてしまうんです。九州の電車は特色があるから、いろいろ乗ってみたい。それに、地方の電車運賃は高め。けっこうこの費用もかさむんです。それがフリーパスになるんだからありがたい。

私の目論見としては、阿蘇神社に行って、門前町をぶらぶらして、夜は熊本市内に出て、熊本の居酒屋を満喫、というコース。熊本は馬肉だけじゃなくて、牛肉も鶏肉もプランド肉があって、おいしいらしいです。南九州となると焼酎メインですが、熊本は清酒も焼酎も両方蔵元があります。日本酒だと瑞鷹とか美少年とか。球磨焼酎の六調子とか武者返しとか。白岳しろもそうだけど、これは全国的によく見かけますね。